お風呂やさんに行った時に、関節痛に効果あるクリームがパウダールームに置いてあったので使っていました。すると横にいた10歳の娘が一生懸命ヒザやヒジなどに塗ったいたので笑えました。とても使いやすかったので子どももハンドクリームのように使いやすそうに使っていました。グルコサミンと言えば飲むと思っていたので、塗るグルコサミンクリームをお風呂屋さんで見たときはうれしくなり、たくさん使ってしまいました。まだ痛いところもほとんどないのに、ひじ、ひざ、腰、肩などに。肩こりはあったので重点的に塗ったので効いたのではないかと、スッキリしたかんじがしました。その姿を娘に見られていたからマネしたんでしょうね。どこで見られているかわかりません。

グルコサミンは飲むものと勝手に思い込んでいたので、サプリメントでグルコサミンを補うのが一般的と思っていました。しかし、即効性が期待出来ないとおもっていました。塗るタイプのぬるグルコサミンあゆみEXがあると知り、価格もお手頃で使いやすく、効いている感じがするのではないでしょうか?やはり続けれるのが一番なので、使いやすさと価格はたいせつだと思います。これから私も年齢を重ねていくと、私の必需品になると思いますので出来るだけ価格は抑えて使いやすく効き目のあるぬるグルコサミンあゆみEXを使いたいと思います。チューブタイプの物があれば持ち運びも便利になり、もっと使いやすくなるようにおもわれます。いつまでも元気な年寄りでいたいです。